0.3mmなのに感動する書き心地!Juice up”

 

みなさん、極細の水性ボールペンを使っててインクの出が悪くイライラしたことありませんか?

 

極細のサイズのペンは使いたいけど、いざ使うとインクが途切れ途切れに出てしまい見栄えが悪くなる…

なんてことがありますよね、私もあまり0.5mmより細いペンは使っていなかったのですが

 

Juice upに出会ってからはその考えも変わる!くらいに画期的なペンなのでご紹介しますね♪

 

Juice upを紹介するにあたって

大きく3つポイントがあります!!!!

 

0.3mmの激細サイズなのにすらすらーとなめらかにかける!

 

サイズが細いとすらすらーというよりも筆圧が強い人からしたらがりがりというイメージが強いのでは?

このボールペンなんといっても細いにもかかわらず、本当になめらかーに書くことができます♪

 

その秘密はペン先にあるみたいです!

PILOTさんの公式ホームページから抜粋 −新開発シナジーチップについて−
「細書き」と「なめらかさ」を両立した新開発チップ従来のパイプチップは、パイプにくぼみをつけてボールを点で支える構造になっており、摩擦抵抗が少ないため、細書きに適していてなめらかな書き味という長所がありました。 一方、コーンチップは、ペン先が太いため、ボール背面のインキ容積が大きく、インキ供給がスムーズに行える(=書き出しが良い)という長所がありました。また、パイプチップと比べてペン先が強く(曲げ強度が強く)、筆圧にも強いという特長があります。 ジュースアップのために開発された新開発のシナジーチップ(SYNERGY-TIP)は、両者の長所をかけ合わせた新方式。激細でありながら、書き出しがよく、なめらかな書き味を実現しました。株式会社パイロットコーポレーション

 

ザックリまとめると

本来はペン先の種類はパイプチップとコーンチップの2種類がある。

パイプチップのなめらかな書き味の良さとコーンチップの書き出しの良さとペン先が強いという

両者の利点を組み合わせてPILOTさんがシナジーチップを開発した! すごいですね♪

 

 

ゲルインキの鮮やかな発色とインクの出の良さがピカイチ!

 

 

個人的にはなんといってもここがJuice upの真骨頂だと思います!

 

激細に適した新顔料ゲルインキを開発をPilotさんは開発しました。

顔料だけでなく特殊添加剤を配合することによりスムーズにインキを出すことができます!

 

これは実際に書いてみたらわかるのですが、かなーり感動します♪

 

インクが途切れることがなくすらすーーーらと書けちゃいます♪

 

文房具屋さんとかで試し書きをしてみてください。

個人的には極細系ではここまで書きやすいペンはJuice upがピカイチです!

 

カラーバリエーションがかなり豊富なので選び放題!

 

選べる種類はななななんと、、、全部で22色!

文房具売り場にもJuice upコーナーにどどっと置いてあります↓↓↓

 

通常の色だけではなくてパステルカラーとメタリックカラーもございます♪

手帳に書く用途だけでなく、なにかデコりたいという方にも対応してるのがいいですよね。

 

ブルー系で似たような色をまとめましたが、こんなにも種類があります☆

 

パステルカラーとメタリックカラーは黒や濃い紙にも書ける発色なのでおすすめです!

どれも色合いが違うので、文房具屋さんに行ってお好みの色を探してみてはいかがでしょうか?

 

もしよろしければシェアお願いします

投稿者: Fumi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)