新感覚のマウス型カッター


 

カッターとハサミどっちを使うべきかなんて悩んだことありませんか?

 

切れ味がよく、手がつったりしないのがカッター。

手軽にちょちょいと紙を切りたい時はハサミ。

なんて使い分けをしているのですが、、、

 

もしも

 

手軽にちょちょいと使えて、切れ味もよく、手がつったりしないような

そんなユニバーサルデザインな文房具があったら素敵じゃないですか?

 

 

あるんです!笑

 

 

その名も…..

Line

 

IMG_20160820_152722

 

カッター?こんな形のものみたことないですよね。

 

 

これのどこがカッターなの?

Coming soon

 

 

先端は回転式でちょこっと刃がでてるんです。
刃はセラミックを使用しているため、安全かつ錆びないんです!

文房具_5645

 

長谷川刃物株式会社さんのHP

 

全ての人にやさしいユニバーサルデザインの概念を採用したマウス型カッター。使いやすいマウス型の本体を自由に滑らせて誰でも自由に紙を切ることができます。

情報源: HARAC | line

 

さっそくつかってみましょう!

Lの形を切ってみます。

文房具_1921

 

 

Lのカーブもこの通り

文房具_8883

 

 

ぺらっていけます。

文房具_3095

 

 

iの丸の部分もこの通り。ボタンを押すだけで気持ちよく切れます!

文房具_515

 

 

どうでしょう!

下書きをしなかったので、ところどころ歪ではありますが、すーっといけます。

文房具_7314

 

 

ボタンを押して、切りたい方向に動かすだけ。

文房具_8837

 

 

 

難しい形もLineならこの通り。

文房具_9879

 

 

開発経緯がちょっとユニーク

Line 開発経緯

我が社は1933年創業のハサミメーカーです。
1人でも多くのお客様にハサミを使っていただきたいという想いと、ハサミのさらなる可能性を模索するために、2001年頃よりUD(ユニバーサルデザイン)を商品に取り入れることを検討しはじめました。
日本のUD第一人者と言われるトライポッドデザイン(株) 中川先生と組み第1弾、「」を完成させたのが2003年頃です。その後、ハサミの枠にとらわれず、「切る」ということをテーマに商品化の議論をすすめました。
会議の中で、パソコンのマウスをいじっていた社員が、「これで紙が切れたら面白いかも・・・」という一言に参加していたメンバー全員が賛同し「紙キリムシ」が誕生しました。その後、設計者が試行錯誤を繰り返し、片手で簡単に切れる機構に仕上げました。デザインはもちろん中川先生です。
HARACシリーズのカラー統一に合わせてカラー変更し、同時に名前を「紙キリムシ」から「Line」へ変更しました。
2005年〜2008年 紙キリムシ として販売
2008年〜現在  Line として販売中

 

身近なアイディアからこんな素敵な商品が生まれたんですね!
商品レビューはこちらから!
ぜひ新感覚のカッターを試してみてはいかがですか?


投稿者: Fumitaka

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)